ライフプラン

安心の老後のための資産防衛術は万全でしょうか?

老後資金3000万円の貯蓄計画

40代50代でそろそろ頭をよぎってくるのが、老後の問題です。

20代30代の頃は老後資金や年金の話はまだ当分先の話、他人事のように

考えている方もおおかったでしょう。が、だんだん60代が近づいてくると

自分の老後のライフプランや老後資金のことが心配になってくるものです。

 

この件について私もよく相談を受けるのですが、このように答えています。

「年金受給額は間違いなく今の水準より下がりますが、年金がゼロになるわけではありません。

ただし、自助努力をしてご自身で老後資金を作っていかなければいけません。

その額が一つの目安でよく言われる老後資金3000万円というわけです。

老後資金がなくて貧乏な老人にはなりたくないですよね。

今のうちから長期計画でコツコツと貯蓄をしていきましょう。」

 

40代の方で貯蓄もなく「老後は何とかなる」という妄想を抱いている方が

たまにいますが、早く目を覚ましてもらえるように意識改革のお話をしたりしますが

やはり本人がその気にならなければどうしようもありません。

「何とかなる」ではなく「なんともなりません」悲惨な老後が待っています。

 

平均的な老後世帯は月4万3000円の赤字というデータがあります。

夫65歳妻60歳で無職の夫婦の月の平均的な支出額が26万5000円で

実収入はほぼ年金で22万2000円。つまり差し引き4万3000円が赤字となり

預貯金を取り崩しているということです。

老後25年~30年続くとするとこれだけでも1500万円以上の預貯金が消費される

という計算になります。

カツカツの生活は潤いもなく孫にもお小遣いあげられないなんともすさんだ老後生活

になります。少し余裕を見ると月にプラス5万くらいの生活費に余裕が欲しいものです。

これらを計算すると約3000万円の預貯金はマストだということがわかります。

 

家計の見直しと資産運用で3000万円貯蓄を

まず大切なのは現在の家計費の見直しを行いムダな家計費を削減することと

将来かかるであろう支出を書き出して老後に対するライフプランを作成することです。

家計のムダを削減したらその浮いたお金+αで資産形成を行っていきます。

家計のムダを削減する3大項目は

1.住宅ローン

2.保険

3.スマホ等通信費

です。

ムダはとにかく徹底的に排除しましょう。

そしてライフプランを作成し将来かかる支出を頭の想定しておくことが

大切です。ご希望によってはシートとして紙に出力してあげたりもしています。

大まかにどれくらいの老後資金の準備が必要かがわかればそのターゲットに向かって

資産運用を提案しています。

人によってリスク許容度も異なりますし、性格的なものもありますので、

それぞれの世帯にあった資産形成方法をご提案しています。

 

闇雲にハイリスクハイリターンのものに手を出すと失敗した時の

痛手が大きすぎますし、もっと悲惨な老後になってしまいますので

是非、専門家のアドバイスを受け、あなたにとって適正な方法を見つけていきましょう。

 

当社のお問い合わせはこちらからどうぞ

 

メルマガの登録はこちらからどうぞ


2017年4月からお得な保険をご存知ですか?

【知っている人が得をするシリーズ】

2017年に入ってから、保険営業マンから

「4月から保険料が上がりますから、是非3月末までにご契約ください!」

といわれて駆け込み契約をされた方も多いと思います。

 

確かに、一社専属保険営業マンとしては自社の保険商品が4月から保険料の値上がり、または

解約返戻金(満期保険金)が減少するということがわかっているわけですから

同じ保険を4月に契約するよりは3月までに契約した方がお客さんにとって有利に

働くわけですからそうのような提案をされるのは普通かもしれません。

 

ではなぜ、4月から保険料の値上がりや解約返戻金(満期保険金)の減少が起こるのでしょうか?

 

それは、昨年から続くマイナス金利の影響で保険会社(機関投資家)の資産運用による

利益が非常に低下したため、予定利率を下げなければならないからです。

予定利率というのはお預かりした保険料を株式や債券で運用した結果、

得られる利益をあらかじめを予想し、この利率で運用できるのであれば

これくらいの保険料でよしとしよう、またはこれくらいの解約返戻金(満期保険金)を

お返しすることを約束しましょうというものです。

この予定利率を4月から下げたために、一般的に保険料の値上がりや

解約返戻金(満期保険金)の減少が起こったわけです。

 

しかしながら、これとは逆に4月からお得になった保険もあります。

なぜ、予定利率が下がったのにお得になるの?と思われると思いますが、

そのからくりは次の通りです。

 

1.予定利率が下がらない保険がある

これは変額保険と外貨建て保険といわれるものです。

変額保険はそもそもお預かりした保険料を一般勘定ではなく特別勘定という

ところに入れて運用するため、予定利率の考え方が全く異なります。

もう少し説明しますと、一般勘定は保険会社が独自で運用して利益を追求していくお財布

だと思てください。一方、特別勘定というのはお預かりした保険料のほとんどを

株式や債券等のファンドへ入れてそこで運用するお財布だと思ってください。

つまり、運用益が大きく出ればその分多くの解約返戻金(満期保険金)をお客様に

還元できるというメリットがあります。しかし、運用に関しては自己責任原則という

ものがありますので、元本を割ってしまうリスクはお客様ご自身に帰属することになります。

ただし、長期運用、分散投資、ドルコスト平均法を守って運用すれば元本割れのリスクは

極端に減少させることができます。

 

外貨建て保険についても予定利率が下がりません。

ドル建ての保険商品などは依然として3%という高い予定利率をキープしています。

詳しくはお問い合わせください。

 

2.予定死亡率は下がっているため値下がりする保険がある

保険料を算出する根拠の一つとして予定死亡率というものがあります。

この予定死亡率は長寿化もあって年々下がっています。

つまり、予定してしていたより亡くなる方が少ないということであれば

保険会社から払い出される給付金は減少することになります。

ということはお客様から同じ金額の保険料を徴収しているということは

過剰な保険料を受け取っていることになりますから、保険料を下げましょう

ということになります。

全ての保険会社ではありませんが、いくつかの保険会社のいくつかの商品で

実際に保険料が下がったというものがあります。

主に掛け捨ての定期保険ですが。

 

ここまでお読みになられると

「あれ?保険営業マンが4月から値上がりするって言っていたのは何だったんだろう?」

とお思いになりますよね(笑)

情報に振り回された感はないでしょうか?

急いで駆け込み提案・契約を受けて本当によかったのでしょうか?

 

正しい知識・情報を持ってご自身にとって最善の選択をしていただきたいと思います。

そのお手伝いができるのが我々のような独立系ファイナンシャルプランナーです。

 

継続的な情報提供をご希望の方、こちらからメルマガ登録をどうぞ


スマホ料金の削減と緩和型医療保険の見直し【実例】

家計の節約を考えるときまず3つのポイント

以前もお話しましたが、家計の節約を考える際の3つのポイント、

それでは、おさらいです。

① 住宅ローン

② 通信費(スマホ料金等)

③ 今入っている保険

 

今日はこのうち、②と③を見直すことによって

家計が改善されたという事例についてお話をしたいと思います。

 

通信費を毎月1万2500円削減に成功

Iさんのご家庭は65歳のご主人と61歳の奥様でお子さんはいません。

マンションにお住まいで住宅ローンはまだ残っていますがあと5年ほどで完済です。

 

Iさん宅の通信費を拝見したところ、ご主人(ガラケー)約9000円

奥さま(スマホ)約8000円で合わせて毎月約17000円くらいの支出でした。

 

それにしてもガラケーで約9000円の料金とは、今の時代ありないほど高い料金ですよね。

お話を伺うともうお仕事で使っているがもう5年以上使っていて料金プランも見直していない

ということでした。

私もガラケーを持っているのですが、かけ放題で月1500円ですよと伝えると

非常に驚いていらっしゃいました。

ご主人はどうせならこの際、スマホデビューもしたいということでしたので、

格安sim会社でデータ通信3Gで月額1600円(税抜き)

5分以内の通話ならかけ放題、月額850円(税抜き)というプランを

提案しました。お仕事で長電話になる可能性は非常に低いということでしたので

このプランで十分かなという判断でした。因みに5分を超えると30秒10円の課金となります。

これだけでスマホの通信料金は月額2450円になります。

約9000円から約2500円へ約6500円、74%オフに成功しました。

(因みにスマホは2年間分割払いで月額1350円で購入されました。

iPhoneにこだわりがなければアンドロイド端末であれば比較的安い金額で購入可能です。)

 

そして奥さまの方も格安sim会社へ変更しました。データ通信3Gで月額1600円(税抜き)

となりました。奥様はそれほど通話する機会が少なくて通話する際はライン通話等をお使いに

なるということでしたので無料通話オプションは付けないことにしました。

奥さまの方も約8000円から1600円へ約80%オフに成功しました。

 

データ通信量3Gにしたのは、過去の履歴を見て毎月1G程度しか使っていないことと、

ご自宅のマンションでパソコンがありwi-fiが飛んでいることから、ご自宅にいる際は

データ通信量が減らないということが分かったからです。

因みに、1Gプランが1500円で3Gプランは1600円で100円しか変わらないため

余裕を持たせて3Gプランを選択しました。

 

こういった経緯でご夫婦で約12500円通信費削減できたわけです。

 

緩和型医療保険の見直し

今度は保険の見直しのため保険証券を拝見しました。

ご年齢がご年齢だけに劇的に安くなるということは難しいですが、

よくよく見てみると10年前にA社で加入していた緩和型医療保険が

現在加入しても100円安く保障もかなり充実したものに入れることが

わかりました。

このA社の保険は保険料が高いことで有名で私はお客様に勧められない保険です。

 

持病をお持ちの方ですので通常保険よりは保険料は高めになるのは仕方ないのですが

それにしても、普通に考えて今から10年前、つまり55歳の時に加入した保険料と

65歳の今、加入する保険料がほぼ同じとは・・・いかにA社が粗利率の高い保険であるかが

お分かりになると思います。

しかも、10年前よりも保障も充実しています。

実は持病の方ももうだいぶ良くなってきていているとのことでしたので

見直ししたあと、数年で緩和型ではない普通の保険に切り替えてもよいかなと

思っています。

緩和型医療保険はやはり割高ですから、普通の保険に切り替えることによって

保険料を削減できる可能性もあります。

このようなアフターフォローもお客様をお守りするサービスの一環であると

考えています。

 

以上、知っているか知らないかで差がつく節約術でした。

 

定期的にこのような情報を提供するメルマガ購読はこちらからどうぞ。


日本人の貯蓄性向の高さと投資することの必要性

日本人の貯蓄性向の高さは世界ナンバーワン

昔から、日本人の貯蓄性向は非常に高いと言われてきています。

平均貯蓄額は1209万円だそうです。

そのうち貯蓄ゼロの世帯が約3割とのことです。

貯蓄ゼロの世帯を除いた平均貯蓄額は1819万円とのことです。

この金額、皆さんにとって多いと思いますか?少ないと思いますか?

 

うちは貯蓄ゼロだ!という方は収入を増やすか支出を減らして

毎月少しでも貯蓄ができるように目指してください。

少しの努力でもコツコツやっていくことが後で大きな結果を生むことになります。

0はいくら掛けても0ですよね?

0を1以上にすることに努めてください。

 

因みに家計の3大削減要素は

1.住宅ローン

2.通信費

3.生命保険料

です。この3つを見直すだけでかなり家計の負担が軽くなります。

実際、相当な数の見直しをやってきました。

おかげで貯蓄資金も捻出して0またはマイナスからプラスに転じる

アドバイスをしてきました。

 

では、貯蓄ゼロではなく貯蓄をしている方はどこにお金を預けているのでしょうか?

 

答えは、ほとんどが銀行預金か郵便貯金です。

 

10数年前と比べたら株や有価証券、投資信託、変額保険等の投資の

割合が増えましたが、欧米と比べたらまだまだと言えます。

 

銀行預金や郵便貯金が悪いということではありませんが、

皆さんに気づいていただきたいことがあります。

 

今の貨幣価値は10年後20年後30年後も変わらないでしょうか?

銀行に入れておけば安心という日本人独特の考え方があります。

確かに、現金で家の中においておけば、泥棒に入られたり火事の時燃えてしまうという

リスクがありますから銀行に入れておけば安心というのは一理あります。

しかし、マイナス金利の影響で利息が0.02%という現在、

利息はほとんどつきません。

しかしながら、物やサービスの価格は10年~30年経つと上がっていきます。

1983年にオープンした東京ディズニーランドのチケット、

オープン当初は3900円でした。

現在は約2倍の7400円となっており、値上がりしています。

 

電車の初乗り運賃は1977年当時60円だったものが現在130円に

タクシー初乗り運賃が1977年当時330円だったものが現在730円

と値上がり(インフレ)が起こっています。

 

物やサービスの価格が上がっていくということはつまり貨幣価値が下がっている

ということになります。

現在の100万円というお金があっても30年後にインフレが進むと

7割とか5割の貨幣価値になってしまうということなのです。

 

インフレに対応するために投資による資産形成を

貨幣価値が下がらないようにするにはどうしたらよいのか?

答えは投資を行うということです。投資を行うかどうかが

今後のあなたの人生を左右するといっても過言ではありません。

 

多くの日本人は銀行に安い金利でお金を貸してあげていると考えてください!

銀行は預金者から集めたお金を企業に髙い金利で貸し付け利益を得ています。

つまり安いコストで資金を集め、高利で貸し出す、しかも相当有利な担保を取って・・・・

少し大げさにいえば、やっていることは闇金と変わりません。

闇金は担保が無い分、金利は高いわけですが・・・・

少なくとも金融の仕組みは一緒です。

 

お金をもっと働かせましょう!

安い金利で甘んじていてはいけません。

投資の勉強をしてお金を投資に移し、そしてお金に働いて

もらいましょう。

投資の勉強は私たちに聞いてください!

投資にも長期投資、短期投資、個別株、投資信託等いろいろな種類がありますから

ご自身の性格やリスク許容にあったものを選ばれると良いでしょう。

個別の相談はこちらまでお問い合わせください。


2016年からスタートした患者申出療養制度ご存知ですか?

今日は、2016年4月からスタートした

患者申出療養制度についてお話をしたいと思います。

 

そもそも、患者申出療養とはどんなものなのでしょう?

患者申出療養制度とは、「未承認薬などを使用したい」という困難な病気と

闘う患者の思いにこたえるため、患者からの申し出を起点とする仕組みとして

創設された制度です。

 

患者申出療養制度を申出するのはどんなときでしょう?

・治験、先進医療、患者申出療養のいずれでも実施していない

医療を実施してほしい場合

・先進医療で実施しているが、実施できる患者の基準に外れて

しまった場合

・すでに実施されている患者申出療養が自分の身近な

医療機関で行われていない場合

 

患者申出療養制度を申出したいときはどうすればよいでしょうか?

・患者からかかりつけのお医者等身近な保険医療機関に相談

(相談された医師は臨床研究中病院と連携して、保険外の治療方法が

患者さんに適しているか検討や情報収集等を行い、国に提出する

当該医療技術の資料を作成します。)

・患者が、臨床研究中核病院を通じて、国に「患者申出療養」の

実施を申請

(患者申出療養に関する国の会議で審査します。)

・承認されれば患者申出療養の実施

 

先進医療と何が違うのでしょうか?

簡単に言うと先進医療は国が定める医療に対して、

患者申出療養は患者から使用したいと申し出る医療です。

患者からの希望によって、日本では承認されていない医薬品

(保険診療の対象外)などを、公的医療保険が適用された治療

(保険診療)と併用できるようにする制度です。

 

 

患者申出療養が適用されない場合は「保険外診療(自由診療」となってしまいます。

この場合、保険診療部分も含めて全額自己負担となるわけです。

(「混合治療」と言われているものです。)

本来、保険診療部分は1~3割負担でよいのに、全額自己負担になると

医療費が重くのしかかりますよね。

 

ところが、患者申出療養が認められると・・・・

 

公的医療保険適用部分は1~3割負担のままでよくなります。

技術料などの公的医療保険適用外の部分に関しては依然として

自己負担となります。

患者申出療養が適用する前と比べれば全額自己負担ではないため

負担が軽減されます。

 

しかし、それでも自己負担はしなければならないのですが、

このケースのように患者申出療養が認められて

自己負担が残る場合に、その全額を保障してくれる保険が存在します!

 

つまり、1円も負担がなく治療を受けることができるわけです。

 

商品名等詳しい情報をお知りになりたい方はこちらまで

お問い合わせください。

 

また、今回のような最新の情報を定期的にお知りになりたい方は

こちらからメルマガ登録してください。


家計費削減!家計のスリム化について

今日は家計のスリム化(家計費削減)についてお話をしたいと思います。

本日も家計スリム化をテーマとしたセミナーを行ってまいりました。

 

家計費の中で簡単に切り詰めることができるところは次の3つです。

 

1.生命保険

2.住宅ローン

3.通信料金

 

1.の生命保険はライフプランにあっていないケースや

同じ条件でもっと安くなる保険会社に見直しした方がいいケース等

があります。

知っているか知らないかで毎月数千円~数万円削減できることが多々あります

生命保険は長期間掛けるものですから、たとえ月額1万円でも

10年20年となれば100万円200万円と差が出てきます。

 

2.の住宅ローンも10年以上前の高い金利であれば

現在の安い金利で見直して月額の返済金額を減らすことも可能ですし、

余剰資金があれば繰り上げ返済することで住宅ローンを短縮させることも可能です。

 

3.の通信費というのはお手持ちのスマホや携帯電話の月額費用を削減させる

ということです。

私の経験上、だいたい70%~75%削減させることができます

私自身も74%削減(スリム化)することに成功しました。

 

しかもスマホや電話の使い勝手は今まで通りかそれ以上の快適さを保ってです!

 

今日のセミナーにいらっしゃった方々も何の疑問もなく携帯電話会社(キャリア)に

高額の電話料金を払い続けていました。

ある方は約13000円払っていますが、見直せばだいたい3000円~4000円に

なると思います。

またある方もご夫婦で14000円くらい払っていますが、こちらも

3000円~4000円に削減することができます。

 

知っているか知らないかだけの差です。

セミナー参加者の皆さんは

「今まで知らなかったとは言え、かなりもったいないことをしていた。」

「こんな方法があったのか・・・」

「早く切り替えたい」

おっしゃっていました。

 

スマホや携帯の料金プランはあなたのライフスタイルに

ぴったりあっているのか?と診断を行い、

あなたに合うプランの選定を行います。

電話番号は今まで通りのものが使えるので

変える必要はありませんが、キャリア(ドコモとかauとかソフトバンク)に

依存しない方法で提案しましました。(MVNOです)

もちろんスマホのアプリも今まで通り使える形で

移行させる方法を提案しました。

 

今までと電話番号と操作性は変わらずに移行できると

喜ばれました。

 

 

(詳細についてはセミナーにご来場いただくか

メルマガ登録していただいた方にお知らせします。

希望される方はこちらに登録していただき、

スマホ料金削減PDF希望とこちらまでご連絡ください。)


 

がんになったらいくら必要になるでしょう?

いきなり質問です。

さて、がんになったらいくら必要になるでしょうか?

 

答えは・・・

だいたい1年間で治療費が100万円くらいと覚えておいてください。

もちろん、罹患した部位によっても治療費は変わってきます。

 

大腸がん 約126万円

肺がん  約108万円

胃がん  約102万円

前立腺がん 約97万円

乳がん  約66万円

 

高額療養費制度が上限月額8万円ですから年間96万円ですね。

それを考えてもだいたい治療費は年間100万円くらいということになります。

 

しかしかかるのは、治療費だけではありません!

 

治療期間中は治療費以外の支出も増加します。

 

例えば、こんなものに係ります。

治療の際の交通費、宿泊費 年間約23万円

ウィッグ(かつら)購入費 約20万円

※2万円から20万円までピンキリですが質感はやはり20万円の方が良いです。

健康食品・サプリメント購入費 約15万円

保険適用外漢方薬 約12万円

※一度ガンになると健康に気をつかい、サプリや漢方薬などを購入するようになるようです。

 

また、がんになると収入も減少します。

自営業者や会社経営者はご自身が動けないことで収入が激減することは

言うまでもありません。身体が資本ですからね。

サラリーマンの場合、会社に守られているとはいえ次のことが統計上

わかっています。

・収入が70%以上減る人が60%いるそうです。

・がんに罹患した人の34.6%が依願退職をされています。

・健保協会から傷病手当金が1年6カ月支払われるケースがありますが

1日につき標準報酬日額の3分の2相当しか支払われないそうです。

 

はやり、確実に収入減につながるということですね。

収入の減少と治療費にかかる家計のダメージはかなり大きいですね。

 

それから、昨今がんの生存率がかなり向上してきています。

治るということは喜ぶべきことですが、治療の長期化や高額の新薬の購入を

考えると、やはりお金がかかるものです。

 

こういったものに備えるガン保険の準備は万端ですか?

 

ガン保険によってはニーズに合致していないものもたくさん出回っています。

ガン保険のご検討&今入っているガン保険の見直しに関しては

こちらまでご連絡ください。


独身女性のライフプラン(実例)

今日は実際にあった独身女性(A子さん)のライフプランについてお話します。

 

A子さんからヒアリングを行い、現状の分析を行いました。

そして、将来に備えて今、行うべきことについて

アドバイスをさせていただきました。

 

【A子さんの属性】

年齢42歳 女性 独身 企業に勤めるOL

年収650万円 マンションを所有

 

【現在のマンションについて】

H23年2月購入

築20年以上の中古マンションをリフォームして購入(約51㎡)

物件1280万円+リフォーム650万円

うち130万円を自己資金で入れて、融資の合計は1800万円。

 

借入は〇〇銀行 35年変動金利(利率0.575%)

月返済額 51,292円(ボーナス払い無し)

繰り上げ返済手数料無料

過去に1回、約50万円繰り上げ返済したことがあった

⇒1年半程度返済期間が短縮された

 

【結論1】

借入の変動金利が0.575%であることから、

今はこのまま返済していくことにしましょうとアドバイスしました。

せっかくの低金利ですから変動金利の恩恵を享受するようお伝えしました。

 

現在の金利がもっと高いとか、これから金利が上昇局面だとしたら、

借り換えをお勧めしましたが、現在1%以下の金利であることと当面金利の上昇はない

という経済状況を考えると今はそのまま返済をしていくことが得策ですとアドバイスしました。

また、近い将来インフレ局面に転換したとしても今ある現金を繰り上げ返済に充当してしまうより、

資産運用を行って資産を成長させて貯まったお金をのちに繰り上げ返済する方が得策ですとアドバイスしました。

 

【家計診断について】

可処分所得(月間) 約33万円

食費       約3万円

光熱費      約1万円

洋服代      約1万円

通信費      約2万円

住宅ローン+管理費 約6万円

交際費       3万円

交通費       2万円

化粧品・美容    約3万円

自分メンテナンス(整体等) 約1万円

ガン保険     約3000円

医療保険     約6000円

支出合計     約20万円

その他不定期にかかるお金(月間5万円程度計上)

冠婚葬祭(結婚式、葬式、その他)

電化製品

医療費

 

【結論2】

支出合計約20万円と不定期にかかるお金月間5万円を足した

約25万円が月間総支出

 

可処分所得約33万円-約25万円=約8万円(貯蓄可能額)

 

月間貯蓄可能額約8万円のうち3万円は長期ポートフォリオに

5万円は流動性の高い短期貯蓄へ回すようにアドバイスしました。

 

結果、自分年金のため月3万円の積立型運用商品をご提案しました。

 

これで将来の老後資金を確保しながら、繰り上げ返済資金も確保し、

ゆとりあるライフプランを立てることができましたとご感想をいただきました。

 

このようなお話をメルマガでお届けします。

登録はこちらからどうぞ


 

退職金はどれくらい受け取れるのでしょうか?

今日はサラリーマンの方が退職金についてお話ししたいと思います。

 

自分はいったいいくら退職金をもらえるのか?

他人はどれくらい退職金をもらえるんだろう?

 

気になりますよね?

 

勤めている会社の

「社内規程をみれば、だいたいの自分の退職金額がわかるパターン」

と、

「確定拠出型年金を取り入れているため、将来の年金額は確定できない

(運用次第で変動するため)というパターン」

「ポイント制退職金制度の場合、会社に貢献すればポイントが上がり、

積み上げたポイントにより退職金額が決まるため、今は把握できない

パターン」

等いろいろあると思います。

 

退職金は一時金で受け取る場合と年金で受け取る場合があり、

またその両方の制度がある場合もあります。

 

因みに、退職金の平均支給額は次の通りです。

(勤続20年以上かつ45歳以上の定年退職者の平均)

【退職一時金のみ】

勤続年数 20年~24年 730万円

勤続年数 25年~29年 893万円

勤続年数 30年~34年 1358万円

勤続年数 35年以上  1764万円

【退職一時金+年金制度併用の場合】

勤続年数 20年~24年 1258万円

勤続年数 25年~29年 1539万円

勤続年数 30年~34年 1973万円

勤続年数 35年以上  2349万円

 

※上記は大卒の場合ですので、高卒者の場合、1割くらい低くなります。

 

年功序列・終身雇用制がなくなりつつあるこの現代社会で

老後資金を退職金や公的年金だけを頼りにすることはできませんね。

 

高度経済成長期であれば、つまり現在75歳以上くらいの方であれば

潤沢な退職金を企業からいただき、公的年金もある程度の金額をいただけます。

そして、現在のようにマイナス金利ではなく、利率7%等の定期預金がありましたので

10年程度、金融機関に預けておけば元本が倍になる時代でした。(72の法則)

 

今はそういう時代ではありません。

ズバリ、「自助努力」をしなければいけない時代です。

 

国も会社も守ってくれません。

ご自身で老後資金を貯めたり上手に資産運用をして将来に備えましょう。

 

老後資金や資産運用にご興味のある方はメルマガへ登録してください。

こちらからどうぞ

 


住宅ローンで破たんしないための3つのチェックポイント

今日は住宅ローンで破たんしないための3つのチェックポイントについて

お話したいと思います。

 

昨今、住宅ローン破たんが年々増えています。

なぜ、増えているのでしょうか?

 

理由として以下の点があります。

1.頭金ゼロで住宅ローンを組んだ
(以前は購入価格の2割は頭金が必要だった)

頭金ゼロで住宅ローンが組めるところが増えたというのは

マンション販売業者や戸建て販売業者がとにかく売りたいということで

条件を緩くして住宅ローンをすすめ、銀行やその他金融機関も頭金ゼロでOKを

出したという事実があります。

ひと昔であれば購入価格の20%は頭金として必要でした。

その方が借入金額も少なくて済みますし、その分利息も少なくて済みます。

この20%が後でボディブローのように効いてくるということなんですね。

ローン開始の当時から状況が一変し、破たんになっているというケースが多くなっています。

 

2.15年~20年前に「ゆとりローン(ステップローン)」を使って購入した

ゆとりローン(ステップローン)というローンの形態が流行った時期があります。

住宅金融公庫(現住宅金融支援機構)が提供していたプランです。

ローンを組んだ当初の返済金額は少なくていいのですが、6年目、10年目で

びっくりするほど返済金額が跳ね上がります。

マンション販売業者・住宅販売業者としては、購入していただく当初の

ローン返済額が小さいため提案しやすかったため、このローンでお勧めする

ケースが多かったようです。

返済期間が10年超えで返済金額が2倍近くなり、払えなくなり破たんというケース

が多くなっています。また、ゆとりローンが原因で自殺が増えたという統計も出ています。

 

3.ボーナスが出なくなって、ボーナス払いが重くのしかかった

ボーナスが当たり前のように出ていたころと状況が変わり

全く出なくなったか出ても少額となってしまったために

ボーナス払いが重くのしかかり、結局破たんしてしまうケースも増えています。

そもそもボーナスというものは企業は払う義務はありません。

出さなくても全く処罰されることはありません。

業績が悪かったら当然ボーナスの額は減りますね。

ここ10年くらいは企業のボーナスは下降線でしたね。

20年くらい前でしたらボーナスは年々増えていくという夢のような時代でした。

それを想定してローンを組んでしまって破たんしてしまうケースです。

 

4.収入が激減した

収入が激減したというのもよくある話です。

やはり企業の業績の悪化により、右肩上がりの収入増は見込めなくなりました。

高度経済成長は終わりました。年功序列も終身雇用も終わりました。

右肩上がり神話は崩れました。それにより破たんしてしまうケースです。

 

5.リストラ等で無職になった

リストラで無職になった。ご愁傷さまです。

上記の3.4.よりもさらに厳しい状況です。やはり破たんが待っています。

 

 

【住宅ローンで破たんしないための3つのポイント】

1.物件価格は年収の5倍以内とする

2.頭金は20%用意する

3.定年までに返済する計画をする

 

そして、現在住宅ローンに悩んでいるあなたは・・・

固定費『光熱費・スマホ携帯等の通信費、生命保険等』を見直してください。

 

個別相談はいつでもお伺いいたします。

お問い合わせはこちらへどうぞ

 

メルマガ登録はこちらから