2017年 5月 の投稿一覧

iDeCoで得する人と得しない人の基準をご存知ですか?

2017年からスタートしたiDeCoについて上手な付き合い方については

以前の記事でもご紹介していますが、今日は実際にiDeCoをやって得する人と

あまり得ではない人についてお話をしたいと思います。

iDeCoをやって得する人はズバリ!

・自営業者

・企業年金のない会社員

です。

なぜなら、税制上の優遇措置があるからです。

そして、運用成果によって増減するものの、掛け金より多くの金額を受け取ることが

できるからです。

自営業者であれば最大で月間6万8000円まで積み立てることができ、そしてこの金額は全額

損金(非課税)として処理することができます。

年間81万6000円が売上金額から控除できますから、所得税・住民税を節税することができます。

iDeCoであまり得をしない人は・・・・

1.住宅ローンを借りて10年以内の人

2.掛金が少ない(1万円未満の)人

3.主婦

です。

1.住宅ローンを借りて10年以内の人のケース

住宅ローンを借りて10年以内の方は住宅ローン減税を受けているので

所得税が還付されて納税額が0円の方が多いからです。

こうしたケースではローンの名義でない、所得のある配偶者が
iDeCoをする方がメリットがあります。

2.掛け金が少ない(1万円未満)のケース

なぜ掛金が少ないとあまり得しないのかというと、
iDeCoは加入すると毎月定額のコストが掛かるからです。

iDeCoはどの金融機関(銀行、保険会社、証券会社等)で
加入しても、「国民年金基金連合会」という機関が、
掛金や将来受取る年金の管理をします。

この管理費や事務費として月額167円(消費税8%時)の
コストがかかります。

さらに、 加入した金融機関(銀行、保険会社、証券会社等)へ、
「運営管理費」という名目でコストが発生します。

金額は月額0円~450円まで、金融機関により様々です。

つまり、167円+0~450円が、毎月掛金から控除されます。

掛け金が少なければ少ないほど、掛け金にたいするコストの割合が高くなるので

実際に運用に充てる金額が小さくなり複利効果も小さくなります。

適切な金額と適切な運用会社に預けるということが重要になってきます。

あるいは、iDeCoに固執する必要もなく、もっと運用率の良いものに投資する

という選択肢もあります。(このあたりは弊社のご提案が得意としているところでもあります)

3.主婦のケース

主婦といっても細かく分けて

・専業主婦

・年収100万円以下の主婦

が、iDeCoの大きなメリットを生かすことができません。

理由は簡単です。これらの主婦はそもそも税金を納めてないからです。

多くの金融機関で、

「主婦も毎月23,000円までiDeCoで積立できるようになりました!」

とうたっていますが、主婦である自分は貯蓄の手段をiDeCoにしていったい

どのくらいメリットがあるのでしょうか?

よーく考えてみてください。

税制上のメリットがなければ、iDeCoはやる意味がありません。

何故かと言いますと、iDeCoは原則60歳まで引き出すことができない

からです。

経済状況が悪化したり、積み立てを止めたいと思っても、一度加入したら

60歳まで抜けられないという流動性が全くない点が最大のデメリットです。

このあたりをバランスよく考えて、あなたがどうすることが一番メリットがあるか

そのあたりの相談は弊社までお任せください。

お問い合わせはこちらからどうぞ

 

 

安心の老後のための資産防衛術は万全でしょうか?

老後資金3000万円の貯蓄計画

40代50代でそろそろ頭をよぎってくるのが、老後の問題です。

20代30代の頃は老後資金や年金の話はまだ当分先の話、他人事のように

考えている方もおおかったでしょう。が、だんだん60代が近づいてくると

自分の老後のライフプランや老後資金のことが心配になってくるものです。

 

この件について私もよく相談を受けるのですが、このように答えています。

「年金受給額は間違いなく今の水準より下がりますが、年金がゼロになるわけではありません。

ただし、自助努力をしてご自身で老後資金を作っていかなければいけません。

その額が一つの目安でよく言われる老後資金3000万円というわけです。

老後資金がなくて貧乏な老人にはなりたくないですよね。

今のうちから長期計画でコツコツと貯蓄をしていきましょう。」

 

40代の方で貯蓄もなく「老後は何とかなる」という妄想を抱いている方が

たまにいますが、早く目を覚ましてもらえるように意識改革のお話をしたりしますが

やはり本人がその気にならなければどうしようもありません。

「何とかなる」ではなく「なんともなりません」悲惨な老後が待っています。

 

平均的な老後世帯は月4万3000円の赤字というデータがあります。

夫65歳妻60歳で無職の夫婦の月の平均的な支出額が26万5000円で

実収入はほぼ年金で22万2000円。つまり差し引き4万3000円が赤字となり

預貯金を取り崩しているということです。

老後25年~30年続くとするとこれだけでも1500万円以上の預貯金が消費される

という計算になります。

カツカツの生活は潤いもなく孫にもお小遣いあげられないなんともすさんだ老後生活

になります。少し余裕を見ると月にプラス5万くらいの生活費に余裕が欲しいものです。

これらを計算すると約3000万円の預貯金はマストだということがわかります。

 

家計の見直しと資産運用で3000万円貯蓄を

まず大切なのは現在の家計費の見直しを行いムダな家計費を削減することと

将来かかるであろう支出を書き出して老後に対するライフプランを作成することです。

家計のムダを削減したらその浮いたお金+αで資産形成を行っていきます。

家計のムダを削減する3大項目は

1.住宅ローン

2.保険

3.スマホ等通信費

です。

ムダはとにかく徹底的に排除しましょう。

そしてライフプランを作成し将来かかる支出を頭の想定しておくことが

大切です。ご希望によってはシートとして紙に出力してあげたりもしています。

大まかにどれくらいの老後資金の準備が必要かがわかればそのターゲットに向かって

資産運用を提案しています。

人によってリスク許容度も異なりますし、性格的なものもありますので、

それぞれの世帯にあった資産形成方法をご提案しています。

 

闇雲にハイリスクハイリターンのものに手を出すと失敗した時の

痛手が大きすぎますし、もっと悲惨な老後になってしまいますので

是非、専門家のアドバイスを受け、あなたにとって適正な方法を見つけていきましょう。

 

当社のお問い合わせはこちらからどうぞ

 

メルマガの登録はこちらからどうぞ