2016年からスタートした患者申出療養制度ご存知ですか?

今日は、2016年4月からスタートした

患者申出療養制度についてお話をしたいと思います。

 

そもそも、患者申出療養とはどんなものなのでしょう?

患者申出療養制度とは、「未承認薬などを使用したい」という困難な病気と

闘う患者の思いにこたえるため、患者からの申し出を起点とする仕組みとして

創設された制度です。

 

患者申出療養制度を申出するのはどんなときでしょう?

・治験、先進医療、患者申出療養のいずれでも実施していない

医療を実施してほしい場合

・先進医療で実施しているが、実施できる患者の基準に外れて

しまった場合

・すでに実施されている患者申出療養が自分の身近な

医療機関で行われていない場合

 

患者申出療養制度を申出したいときはどうすればよいでしょうか?

・患者からかかりつけのお医者等身近な保険医療機関に相談

(相談された医師は臨床研究中病院と連携して、保険外の治療方法が

患者さんに適しているか検討や情報収集等を行い、国に提出する

当該医療技術の資料を作成します。)

・患者が、臨床研究中核病院を通じて、国に「患者申出療養」の

実施を申請

(患者申出療養に関する国の会議で審査します。)

・承認されれば患者申出療養の実施

 

先進医療と何が違うのでしょうか?

簡単に言うと先進医療は国が定める医療に対して、

患者申出療養は患者から使用したいと申し出る医療です。

患者からの希望によって、日本では承認されていない医薬品

(保険診療の対象外)などを、公的医療保険が適用された治療

(保険診療)と併用できるようにする制度です。

 

 

患者申出療養が適用されない場合は「保険外診療(自由診療」となってしまいます。

この場合、保険診療部分も含めて全額自己負担となるわけです。

(「混合治療」と言われているものです。)

本来、保険診療部分は1~3割負担でよいのに、全額自己負担になると

医療費が重くのしかかりますよね。

 

ところが、患者申出療養が認められると・・・・

 

公的医療保険適用部分は1~3割負担のままでよくなります。

技術料などの公的医療保険適用外の部分に関しては依然として

自己負担となります。

患者申出療養が適用する前と比べれば全額自己負担ではないため

負担が軽減されます。

 

しかし、それでも自己負担はしなければならないのですが、

このケースのように患者申出療養が認められて

自己負担が残る場合に、その全額を保障してくれる保険が存在します!

 

つまり、1円も負担がなく治療を受けることができるわけです。

 

商品名等詳しい情報をお知りになりたい方はこちらまで

お問い合わせください。

 

また、今回のような最新の情報を定期的にお知りになりたい方は

こちらからメルマガ登録してください。


メルマガ購読はこちら