持病があっても加入できる引受基準緩和型保険とは?

今日は、健康状態に問題があっても加入できる保険、

引受基準緩和型保険についてお話をしたいと思います。

 

通常、保険は持病があったり、過去5年以内に大きな手術をしていたり

過去にガンになったことがある場合、「謝絶」といって、

保険会社から加入をお断りされてしまいます。

 

健康に不安がある人ほど保険に入りたいという気持ちになるものですが

保険は告知書に明記されている内容や面接士や医師による診査に問題があると

加入できないことになっています。

 

何故なら、生命保険は本来、相互扶助(助け合いの仕組み)で成り立っているもので

持病があって入院する可能性が高い人や、すでに入院することがわかっている人が

加入してすぐに給付金を受け取るのは、健康な人から見ると不公平感が生じてしまいます。

これでは、しっかりとした相互扶助の形が保てなくなります。

(つまり、これを認めてしまうと健常者は異常に高い保険料負担を強いられることになります)

 

一方、健康状態に問題のある方からしてみれば「全く保険に入れない

というのが不安になります。

 

そこで健常者と健康状態に問題のある方を区分けをして、不均衡を是正しているわけです。

 

入れます〇〇保険

というCMもやっていましたね。

実際に私のお客様でも、持病があるのに入れたといって喜んでいただいた方が

たくさんいます。

今まで謝絶扱いばかりされていたからこそ、保険に入れるだけで、嬉しくなる

気持ちがよくわかります。

 

引受緩和型保険には

「医療保険」「終身保険」があります。

 

「引受緩和型医療保険」は入院した際に日額給付金(1日当たり1万円等)と

手術したら〇〇万円の給付と高度先進医療特約等が保障されます。

また、保険会社によっては「通院特約」も付加することができます。

「引受緩和型終身保険」は死亡した際に〇〇〇万円という死亡給付金が保障されます。

 

ただし、引受緩和型保険にはいくつかの制限があります。

ここでは各保険会社が共通となっている項目をお伝えします。

 

告知項目は3つないし4つ(保険会社によって異なる)あります。

 

ある保険会社の引受緩和型医療保険の告知書は下記の通りとなっています。

 

最近3カ月以内に受けた医師による検査または診察で、

入院または手術をすすめられたことがありますか?

過去1年以内に、病気やケガで入院したこと、または手術を受けた

ことがありますか?

過去5年以内にガンまたは肝硬変で、入院したこと、

または手術を受けたことがありますか?

 

以上、3つの項目が「いいえ」となれば無条件で加入することができます。

 

また、ある保険会社の引受緩和型終身保険の告知書の内容は次の通りです。

 

最近3カ月以内に、医師から入院、手術、検査のいずれかをすすめられた

ことがありますか。または、現在入院中ですか?

最近3カ月以内にガンまたは上皮内新生物・慢性肝炎・肝硬変で、

医師の診察、検査、治療、投薬のいずれかを受けたことがありますか?

過去2年以内に、病気やケガで入院をしたこと、または手術を受けたことがありますか?

過去5年以内に、ガンまたは上皮内新生物で入院をしたこと、または手術

を受けたことがありますか?

 

以上、4つの項目がクリアでしたら無条件で加入することができます。

 

少しまとめますと、

・現在、加療中の方でも入れます。が、入院や手術を医師からすすめられている場合は

加入が難しい。

 

・1年または2年以内に入院や手術を受けた方は、再入院や再手術の可能性が高いので

加入が難しい。ただし、1年(2年)を経過していれば無条件で加入することができる。

 

・過去にガンになったことがある人でも入院(手術)から5年を経過していれば

無条件で加入することができる。

 

・上記以外の持病があっても、無条件で加入することができる。

 

ということになります。

 

それから、もう一つ各保険会社の共通事項があります。

それは、加入して1年以内の給付は本来の保険金額の50%となる

ということです。

入院給付金が日額1万円であれば5000円に

死亡保険金が1000万円であれば500万円になるということです。

 

1年を超えれば、50%削減というのはなくなります。

これは、引受緩和型保険の共通の条件となりますので、覚えておいてください。

 

最後に、引受緩和型保険は給付する可能性が高い方がご加入する保険ですので、

通常の保険より保険料が2~3割高くなっています

こちらも各保険会社の共通項となっています。


メルマガ購読はこちら