投資信託の基礎(分類編)

投資にご興味ある方が多いですが、分類について明確に

ご存知の方はどれくらいいらっしゃるでしょうか?

今日は投資信託の分類についてお話ししたいと思います。

 

投資信託はものすごくたくさんの種類がありますが、

分類は以下の通りとなります。

 

追加型(オープン型)

資金の追加が可能(いつでも買える)

ある一定期間に投資家から資金を募るが、それ以降、

追加の資金を受け付けます。

 

単位型(ユニット型)

資金の追加が不可(買える期間が限られている)

ある一定期間に投資家から資金を募るが、それ以降、

追加の資金を受け付けません。

 

オープンエンド型

買戻し可能(純資産価格で換金)

発行証券の買戻しは、純資産価格に基づいて行われます。

 

クローズドエンド型

買戻し不可(市場価格で売却)

発行証券は換金するには市場で売却するしかありません。

 

※一般にクローズドエンド型はオープンエンド型に比べて、

資金量が安定しています。そのため、投資対象資産の流動性が

低い場合には、クローズドエンド型の方が運用管理しやすいと言われています。

 

パッシブ運用

ベンチマークに連動した運用成果を目指す

 

アクティブ運用

ベンチマークを上回る運用成果を目指す

 

※ベンチマークとは運用成果を判断する基準のことです。

株価指数(TOPIX等)、債券指数等のことをいいます。

 

トップダウンアプローチ

マクロ経済分析を重視する運用手法

 

ボトムダウンアプローチ

個別企業の分析を重視する運用手法

 

グロース運用

企業の成長性を重視する運用手法

 

バリュー運用

企業の割安感を重視する運用手法

 

マザーファンド

受益権を投資信託委託会社自らが運用の指図を

行う他の投資信託に取得させることを目的とする

投資信託のことを言います。

 

他にも委託者指図型投資信託とか、委託者非指図型投資信託、

会社型投資信託等、種別がありますが、少し難しくなってしまいますので

ここでは割愛させていただきます。

 

 

投資信託を選ぶ際、パンフレット等に書かれている

言葉もあると思います。

判断基準の一つとして覚えておいて損はないと思います。

自分に合った投資信託を選ぶ際の基準としていただけたら幸いです。


 

メルマガ購読はこちら