個人型確定拠出年金「iDeCo」2017年からスタート!メリットとデメリットとは?

今日は話題となっている「iDeCo」についてお話したいと思います。
iDeCoとは個人型確定拠出型年金のことです。

確定拠出型年金」自体は元々あった制度で

個人型」と「法人型」があります。

 

「法人型」確定拠出型年金は以前の退職金制度を廃止または併用して

従業員の退職金の運用のひとつとして一部上場企業等大きな会社で

既に導入されているところも多いです。

 

「個人型」確定拠出型年金は以前もあったのですが、

自営業者や年金制度がない会社にお勤めのサラリーマンに限られていました。

 

ところが、2017年1月より「iDeCo」の制度が変わり、

公務員の方、企業年金制度を導入している会社にお勤めのサラリーマン、主婦の

方含めて誰でも加入することが可能になります。

将来受け取る金額が大きくて、非課税枠も大きい「iDeCo」が注目されている制度です。

 

そもそも確定拠出型年金とは何でしょう?

昨今、超高齢化社会の日本において国の年金制度は当てにならなくなってきました。

年金未払い者も多いのもその理由の一つです。

自分の老後資金を年金1つに頼るのはあまりにも危険!

自助努力をして自分年金を作るための制度

という認識でよろしいと思います。

 

具体的には毎月一定の金額を投資信託等のファンドで積み立てていくものです。

「iDeCo」のメリット・デメリットについて

【メリット】

・毎月一定額を積み立てることで結果として「ドルコスト平均法」の効果が得られ、

ほぼ確実に資産運用ができる。

(ドルコスト平均法とは、長期運用において株価の平均購入単価を抑える効果があり

止め時さえ間違えなければほぼ運用実績が約束される手法のこと)

・利益に税金がかからない

・住民税、所得税が非課税となる(節税効果)

【デメリット】

・積み立てたお金を60歳まで引き出せない

・積立額に制限がある(サラリーマンの場合、月間2万3000円まで)

 

通常、株や投資信託で運用すると利益に対して源泉分離課税20.315%の税金がかかるのですが

iDeCoなら税金がかからないというのも魅力ですし、住民税10%、所得税5%が節税となるのも

最大の魅力です。

ただし、積み立てたお金を60歳まで引き出せないというのは強力な縛りで

これをどうとらえるかがこの制度の選択するポイントとなるでしょう。

 

これに似たもので民間の保険会社・投資信託で60歳までの縛りがない

=いつでも解約できる商品があります。

ご興味のある方は弊社までお問い合わせください。

メルマガ購読はこちら