マイナス金利によって1割~2割程度保険料が値上がりするって知ってました?

2016から始まったマイナス金利政策。

このマイナス金利政策の影響で貯蓄性の高い保険の保険料が値上がりします

または解約返戻金の金額が下げられます

2016年から一部商品が既に値上げまたは返戻率を下げられていますが、

2017年4月から対応される保険会社も多いようです。

 

なぜ、保険料が値上がりするか?

お客様から預かった保険料は国債などの金融商品で運用され

将来の保険金支払いの為に備えられます。

その10年国債の利回りがマイナス金利ですので、

保険会社が国債で運用しても増えるどころか減ってしまうということを意味します。

運用しても減るわけですから、

単純に考えて顧客から預かる保険料を値上げするということです。

 

全ての保険商品が該当するわけではありませんが、

今まで利回りの良かった貯蓄性保険ほど、値上がりの可能性が

髙いです。

値上がり率はだいたい1割~2割と言われています

 

値上がり該当の保険商品を知りたい

値上がりするまでに今の保険を見直しをしたい

 

あなたが疑問に思うことは弊社までお問い合わせください。

 

 

 

 

メルマガ購読はこちら