はじめて投資信託をはじめるあなたへ(初めての投資信託)

今日は初めて投資信託をはじめようと考えている方に

投資信託の基礎についてお話ししたいと思います。

 

〇投資信託って何?

すごく簡単にいいますと、

たくさんの投資家から集めた資金(お金)を運用の専門家(ファンドマネージャー)が

株式や、債券等に投資・運用する金融商品のことです。

 

もう少しだけ、詳しくお話しますと、

運用するのは運用会社(投資信託委託会社)のFM(ファンドマネージャーの略)

でファンド毎に設定された運用方針によって運用収益を上げることを目指しています。

 

〇投資信託のメリット

【メリットその1】

資産の配分やリスクの管理を運用会社にお任せします。

投資に情報の収集や分析は必要ですが、それでもどの銘柄がいいのか、

どうのように運用したらいいのかわからないものです。

でも、投資信託なら投資家にかわって運用会社が運用を行うので、

運用会社の知識や経験や情報力等を活用することができます。

 

【メリットその2】

投資信託はたくさんの人から集めた資金を、国内・国外の株式や債券または

不動産など、さまざまな資産や銘柄に分散投資します。

値動きの傾向が異なる資産に資金を分散することにより、価格変動リスクを

抑える効果があります。

 

【メリットその3】

少額から始めることができます。

通常、株式や債券などを購入するには、ある程度大きなお金で購入する

ことになります。

しかし、投資信託の場合は、月額1万円程度から始めることができます。

100万円、1000万円というお金が今持ってなくても、

月額1万円ずつでしたらはじめられますよね。

 

〇投資信託は大きくわけて2つに分類されます

・株式投資信託

株式を組み入れて運用する投資信託です。

信託約款上に一部でも株式が組み込まれる可能性があるものは

全て株式投資信託となります。

 

・公社債投資信託

公社債及び短期金融商品で運用する投資信託です。

信託約款上で株式を一切組み入れないことを明記しているもの

が該当します。

MMFやMRFは公社債投資信託に分類されます。

 

〇ETFとREIT(その他の投資信託)

・ETF(上場投資信託)

金融商品取引所で上場されている投資信託を

上場投資信託(ETF)と言います。

日経平均株価やTOPIX(株価指数)に連動するタイプを中心に

多くのETFが上場しています。

一般的な投資信託と異なり、上場株式と同様に取引できます。

 

・REIT(不動産投資信託)

不動産からの収益を投資家へ還元する投資信託のことを

不動産投資信託と言います。

なかでも、国内の金融商品取引所に上場しているものはJ-REIT

と言います。

上場株式と同様に売買することができます。

 

以上、投資信託の基礎知識をお話ししました。

 

 

次のステップとして、選ぶうえでチェックすべきポイントについては

次回以降のブログでお話したいと思います。

 

更に詳しく知りたい方は、こちらまでお問い合わせください。

 

また、常時情報を受け取りたい方はメルマガ登録してください。

登録はこちらからよろしくお願いします。


メルマガ購読はこちら