お子様の将来のための教育資金はいくら必要でしょうか?

今日は、お子様の教育資金はいくら必要になるかについてお話ししたいと思います。

 

【幼稚園~高校の教育費】

幼稚園

(公立) 約22万円

(私立) 約49万円

小学校

(公立) 約32万円

(私立) 約153万円

中学校

(公立) 約48万円

(私立) 約133万円

高校

(公立) 約40万円

(私立) 約99万円

合計

(すべて公立) 約521万円

(すべて私立) 約1768万円

 

【大学の教育費】

(国立)   約242万円

(私立文系) 約385万円

(私立理系) 約521万円

(私立医歯系)約2245万円

 

この金額を見てあなたはどう思いましたか?

「全て公立でも結構お金がかかるものだなー」

「私立に行かせてあげたいけど現実問題、

想像以上にお金がかかるものだな」

「医学部歯学部は6年だからとてつもないお金がかかるな。

子供が医学部に行きたいと言ってきたとき、いいよと即答できるかな?」

などなど、いろんな思いがあると思います。

いずれにせよ、お子様の教育資金はお金がかかるのは事実です。

 

教育資金を学資保険で用意される方も多いと思います。

学資保険が最強なのでしょうか?

 

○○生命の学資保険がいいとかよく聞きます。

しかしながら、現在の予定利率はマイナス金利の影響もあり

かなり低い利率となっています

銀行預金よりは利率が良いという考えもありますが、

より効率的な学資資金を用意する方法もあります。

 

同じ金額を毎月積み立てても○○生命と○○生命とでは

結果がかなり変わってくるということがあります。

これは知っているか知らないかで大きく差がつくポイントです。

 

近年、お客様の中でも

学資保険という名前のものではなくても、もっと効率的なもの

ありますよね?むしろ学資保険よりいいって聞いてます

という声をいただくことがあります。

 

 

詳しいご案内は当社までお問い合わせください。

(具体的な生命保険会社の名前と商品名はコンプライアンス上、

ここでが出すことができないということをご了承ください)

メルマガ購読はこちら