「ガン保険」を選ぶとき絶対知っておきたい5つの知識(その4)

「ガン保険」を選ぶとき絶対に知っておきたい5つの知識

ということで5回シリーズでお届けしていますが、今回は4回目、

【実例で見るがん患者の治療費】についてお話ししたいと思います。

 

【事例】

28歳会社員、独身A子さん、子宮頸がん

不正出血が続くため産婦人科で診察を受ける。

子宮頸がん(ステージ1)と判明

大学病院にて「子宮頚部円錐切除術」を受け、4日間入院。

医療費28万円(うち自己負担8万230円)

以後、半年ごとに検査受診

医療費8万4000円(うち自己負担2万5200円)

合計 10万5430円

 

このような治療をしたA子さんはいわゆるガン保険に未加入でした。

そのため、治療費に充てるため、「貯蓄を切り崩しました
A子さんがもし、最新のガン保険に加入していたら、

月額2000円代の保険料で診断給付金200万円を受取り、

その後の保険料も免除され、再発しても診断給付金100万円を

何度でも受け取れたでしょう。

とりあえず200万円の給付があれば、仕事の心配もしなくて

よいでしょう。また、貯蓄を切り崩す必要もなかったでしょう。

 

備えあれば憂いなしですね。

メルマガ購読はこちら